懸賞の景品と税金のカンケイ

懸賞で稼いだお金も、一般の給与と同じく
税金のことも考えなくてはならないので、コチラでご紹介しますね。

懸賞と税金のハナシも、少しお勉強しておきましょう。

とはいえ、そんなに難しく考えていただかなくて大丈夫です。
懸賞の景品はそんなに高額ではありませんので、
課税対象となるほど当てようとすると、
その分、経費(切手代など)もそれなりにかかるでしょうから。(^^)

まず懸賞で当たった賞品、商品券、現金にも税金がかかります。
所得税というヤツです。

手元に入ったお金はと言うのですが、
懸賞や競馬、宝くじで当てたお金は、タナボタ所得で、
これらは一時所得と呼ばれます。

うう、せっかくのタナボタに所得税なんてヒドイ…(;_;)

ですよね。
と言うことで、50万円までなら見逃してもらえます。

計算式としては

1年間に懸賞で獲得した金額合計−切手代−50万円×0.5

この計算式で出た金額が、課税対象所得になります。
※切手代は必要経費で、収入を得るために使ったお金を指します。

ちまちました懸賞に応募していたら、
50万円分もなかなか当てられませんが
最近では高額当選の懸賞も増えてきましたので、
明日は我が身かもしれません。(^^)

それはそれで、嬉しいハナシなんですけどね。(^^)

このように懸賞の景品にも所得税がかかるということは、
頭の片隅にでも置いておいてくださいね。

関連エントリー


 
Copyright © 2007~2012 懸賞とヤフオクで節約ザクザク大作戦. All rights reserved