応募ハガキと官製ハガキ

「応募は、官製ハガキに住所とお名前、年齢…」

よく見かけるフレーズですね。
芸能人がテレビの下のほうをツンツン指差して
「あて先はコチラ〜♪」なんていう場面もおなじみです。

それだけ懸賞がポピュラーな証拠です。(^^)

このときの応募するハガキなのですが、
ほとんどが「官製ハガキに〜」と言われるように、
郵便局で売っている1枚50円、52円の切手が
印刷されているハガキを使います。

「ハガキに〜」とある場合は、ハガキサイズの紙でもOK。
切手を貼ってくださいね。

年賀状の残りや、暑中見舞いの残りを使うのも良いですよね。
好んでこのタイプのハガキを使うこともあります。
これらはちょっとお得に買えるのですが、
「切手やハガキは安く仕入れる」の項で、詳しくご紹介しますね。

絵ハガキやちょっと変った形のハガキを使って、
切手を貼っても構わないのですが、
これらの変形ハガキは応募先に併せて考えるのがベターです。

大量応募が予想される懸賞では、丁寧に見てもらえないと予想して
普通に処理してもらえる一般的なハガキが嫌われません。

逆にラジオや小規模な情報誌だと、
絵ハガキや特殊なハガキでの応募は目立つ上に、
キチンと見てもらえるので、効果的です。


応募ハガキって何?


では、もうひとつ、応募ハガキて一体何でしょう?

応募ハガキと言うのは、その懸賞専用のハガキです。
意識してスーパーなどで探して頂きたいのですが、
商品棚に吊り下げられていたり、束になって出入り口や、
レジを抜けた商品を詰める台においてあります。

「え〜?!そんなの見たことないよ〜?!」

いえいえ、とんでもない!!
それは意識していないだけですよ、きっと。

応募ハガキ

気にしだしたら、たくさんのハガキが目に付くことでしょう。

クローズド懸賞に使われることが多く、ほぼ応募ハガキが存在します。
応募要項が解れば官製はがきでの応募ももちろん可能ですが
懸賞好きの方は、特に、応募ハガキでの応募を
好む傾向があります。

これは、自分が応募ハガキが手に入る範囲にいて
応募していますと、アピールをしているということでしょうね。

また雑誌やCDやゲームなどに添付している
購入者特典などの応募用ハガキもこれの類で、
買った人しか手に入らないのが特徴と言っていいでしょう。

関連エントリー


 
Copyright © 2007~2012 懸賞とヤフオクで節約ザクザク大作戦. All rights reserved