狭き門ほど当たりやすい

誰でも応募できる懸賞と、
何らかの条件を満たさないと応募できない懸賞があります。

一般的に、前者をオープン懸賞、後者をクローズド懸賞と呼ぶのですが
どちらが当たりやすいかは、もうお解りますよね。

そう、クローズド懸賞のが当たりやすいですね。(^v^)
理由は、条件を満たさないといけないため、誰でも応募できない分、
当たる確立もアップするという単純なしくみでした。

そんなクローズド懸賞の中でも「狭き門」の懸賞があります。
ここで言う「狭き門」=「応募条件が厳しい」と捉えてください。

例えば、

1.8リットルのウィスキーのビンについた応募シール6枚とか
卵についているシール120枚とか
対象商品の合計5000円以上のレシートとか

そんなに飲まない(食べない)でしょうよ…!!��(゚◇゚;)

このように、応募を意識して購入しなくてはならないような懸賞は、
集めいにくい分、それだけ応募者が少なくなって、
当たりやすくなります。

ただし、こういう懸賞はどうしても欲しい商品でない限り、
最初から諦めて参加しないのが、自然体で、リスクが少ないです。
買ってまで応募したいのか、よく考えましょう。

もうひとつ、狭き門なのは「公募」ですね。
アイデアやデザインを考えて応募するので、どうしても応募人数が減ります。

かといって、いくら公募の川柳でも、
有名どころ、例えばサラリーマン川柳や、某お茶メーカー川柳は、
とてつもなく応募数も多いので、
マイナーな狭き門を探るのがポイントですよ〜。(^v^)

関連エントリー


 
Copyright © 2007~2012 懸賞とヤフオクで節約ザクザク大作戦. All rights reserved