パソコンで印字?それとも手書き?

年賀状や暑中見舞い、挨拶状など書くときも(作るときも?)
最近ではパソコンが欠かせませんよね。

ほんの少し前の時代ですが、
年賀状は「プリントごっこ」で作っていたんですよ〜。

懐かしいなぁ。(*^v^*)

今はパソコンで一気に印刷してしまえますから楽チンですよね。
こんな時代だからこそ、たくさんのハガキを書くときに
パソコン使ってもいいかなぁとも思ってしまいます。

応募ハガキの場合は、基本的にレイアウトがありますので
それに沿って書くために必然的に手書きですが
官製はがきで応募する場合、ほとんど必要事項は同じだし、
裏だけでもプリントアウトしておくと便利ですよね。

でも、そんな手抜きみたいなことして、
当選を決める人に嫌われないかなぁ…(;´▽`A``

そう思うのも、懸賞を愛する人なら当然ですよね。

答えは、パソコンで印刷しても大丈夫ですよ。(^^)
特に応募数の多い全国版のオープン懸賞では、
パソコンを使う方が書く手間が大幅に省けますので、
クイズの答えなどを書く欄を空けて印刷しておきましょう。
数を出すなら、両面印刷でも良いですね。

全国版のオープン懸賞は、とにかく運が勝負ですから。


手書きが好まれる場合って?


ハガキはあらかじめプリンタで印刷しておけば
とっても楽チンなんですが…

人間、いかにも懸賞に大量応募してますというハガキより
手書きのハガキのがやっぱり嬉しいというものです。

特に気をつけたいのは、
ラジオや地方の雑誌、フリーペーパーの懸賞など、
読む人、選ぶ人、ハガキを見る人の姿が目に浮かぶような場合です。
出来るだけ手書きで、丁寧に書いたほうが喜んでいただけるのは
間違いありませんよね。

住所、氏名などの必要事項を印刷しても、
味気ないハガキにしないのが鉄則です。
コメントを書いたり、イラストをつけたり、
親しみやすさ、温かみを出すように工夫して損はないでしょう。

関連エントリー


 
Copyright © 2007~2012 懸賞とヤフオクで節約ザクザク大作戦. All rights reserved