キレイな字が好まれる?

想像してみてください。

アナタは懸賞応募代行をする会社に勤務するパンチャーです。
応募を締め切ったハガキの山を処理するために、
応募者の住所を名前、電話番号を
まずはパソコンに打ち込むことになりました。

1時間、2時間…頑張ってもあと3日はかかりそうです。
そんな時に字の汚い、読解不可能なハガキが出てきました。

さて、どうしますか?!

…私なら、後回しか、見なかったことにします…(^^;;

字にはそれぞれの個性がありますので、頑張って書いても
決してキレイな字が書けるというものではありません。
キレイな字が好まれるというより、
読みやすく、ハッキリと書いてある字が親切ですよね。

草書ってとってもキレイですけど、懸賞応募には向きません。
ハッキリとしっかりと読みやすい字を書くように
心がけてハガキに向かってくださいね。


色ペンを使っていい?


キレイな字が好まれるのかどうかと同じコトですよね、
キレイな色使いが好まれるかと言うより、
結局、読みやすいかどうかが一番の問題となります。

望ましいのは黒のペンなのですが、
私は3色ボールペンの青をたまに使うことがありますよ。
黒が調子悪いときはカチッと替えて書いてしまいます。

青はまだ見やすいですが、
全部赤とか、ピンクとか黄色とかは読みにくいでしょうね。

ワンポイントに色を使ってみたりするのも良いでしょうね。
景品のマルや希望コースのチェックマークだけ
赤にしてみるとかも、アリですよね。

注意して欲しいのは、
大量の応募が予想される、例えばタバコの懸賞などです。
機械で読み取りをする場合がありますので
色ペンだと読み取ってもらえない確立が非常に高いです。

このような処理を行う懸賞は
「黒のボールペンで」と指定されていますので、
素直に従うのが正解ですよ。

関連エントリー


 
Copyright © 2007~2012 懸賞とヤフオクで節約ザクザク大作戦. All rights reserved