値段と紹介文を考えよう

オークションで値段をつけるのは、入札する人なのですが、
最初に「最低でもコレぐらいの金額で売れてほしいな〜」という金額を
あらかじめ自分で決めて、設定します。
その金額か、もしくはそれ以上で買いたい人が現れれば、
入札してもらうシステムですね。

値段は商品の状態や、買う人のことを考えて、
自分で自由に設定しましょう。

ただし、自分は思い入れがあって高値をつけても、
人から見てみれば全くそうでないものももちろんありますし、
その逆で、売れたらいいや!と捨てるような値段で出品したら、
あれよあれよと値段が上がってしまった、
なんてコトはよくあることです。

値段は商品の状態や、買う人のことを考えて、
自分で自由に設定しましょう。

安めに設定したほうが見る人も増えますし、
買ってもらえる確立は高くなります。

ただし、注意したいのは、一度入札が入ってしまったら、
基本的に「やっぱりやめた」ができません。
後悔しても、売るしか道はない…ので、あしからず。

関連エントリー


 
Copyright © 2007~2012 懸賞とヤフオクで節約ザクザク大作戦. All rights reserved